文化遺産オンライン

牛橛造像記

ぎゅうけつぞうぞうき

作品概要

牛橛造像記

ぎゅうけつぞうぞうき

/ 南北朝(六朝) / 中国

制作地:中国

北魏時代・太和19年(495)

紙本墨拓

(本紙)66×33.5

1幅

子息の牛橛@ぎゅうけつ@を亡くした母の尉遅@いち@が、495年の11月に追善供養として弥勒像1体を造った際の経緯が記されています。紀年のある龍門造像記の中では最も古い作例で、重厚で格調高い書きぶりから、龍門10品の一つにあげられています。(富田さん執筆)(20150414_t082)

牛橛造像記をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Northern / / 龍門 / Stele

関連作品

チェックした関連作品の検索