文化遺産オンライン

額「臥月眠雲」

がく がげつみんうん

作品概要

額「臥月眠雲」

がく がげつみんうん

/ 江戸

松平不昧筆

江戸時代・19世紀

木製

1面

不昧は、江戸後期の松江藩主で茶人。若い頃から石州流(せきしゅうりゅう)茶道に精進し、晩年に自ら一派を形成しました。目利きで、茶道具の格付けも独自に行いました。これは、江戸・大崎の下屋敷にあった茶室の1つ「眠雲(みんうん)」に懸けられていた額で、瓢型の朱印「宗納(そうのう)」は不昧の別号です。

額「臥月眠雲」をもっと見る

松平不昧筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 茶人 / Fumai

関連作品

チェックした関連作品の検索