Couplet

Details

Couplet

calligraphy / Edo

By Matsudaira Fumai (1751-1818)

Edo period, dated 1782 (Tenmei 2)

Ink on paper

各218.0×21.3

2幅

 不昧は、幼名を鶴太郎、後に治郷、号を斗門・宗納・未央庵・一々斎・不昧などといった。この聯は、現在島根県安来市の法雲寺本堂に掲げられているものの原本。天明2年(1782)不昧32歳の時、参勤交代の途中法雲寺に滞在した際に書いたものである。(20060411_h082)  

Search by Couplet

Search by By Matsudaira Fumai (1751-1818)

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Edo / / Ink / Fumai

Related Works

Search items related to work chosen