楷書八言聯 かいしょはちごんれん

 /  / 中国 

翁同龢筆
制作地:中国
清時代・19世紀
黄蝋箋墨書
(各)166.3×36.7
2幅
銘文:上款「簡侯太老夫子大人鈞誨」 ; 下款「門下晩生翁同龢」 ; 鈐印「同龢印」 ; 叔平

翁同龢@おうどうわ@は咸豊6年(1856)の状元@じょうげん@(科挙最終試験の首席)。官は軍機大臣に至るも、戊戌の政変で罷免されました。顔真卿@がんしんけい@に傾倒した銭澧@せんれい@に影響を受けた書は、充実した筆力で気迫に満ちます。雲龍紋の上に書かれた本作にも、実に堂々たる風格が漂います。

作品所在地の地図

関連リンク

楷書八言聯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

楷書七言聯
楷書七言聯

李文田筆

篆書八言聯
篆書八言聯

呉昌碩筆

行書七言聯
行書七言聯

呉雲筆

楷書七言聯
楷書七言聯

宣統帝筆

篆書八言聯
篆書八言聯

呉大澂筆

ページトップへ