文化遺産オンライン

耕作図屏風

こうさくずびょうぶ

作品概要

耕作図屏風

こうさくずびょうぶ

絵画 / 江戸

円山応瑞筆

江戸時代・19世紀

紙本着色

137.3×315.1

6曲1隻

応瑞は江戸時代後半、日本の絵画を革新し京都画壇に大きな位置を占めた円山応挙(まるやまおうきょ)の長男である。父とともに寛政期の内裏(御所)造営の際、障壁画制作に加わっている。農耕作業は、重要な年中行事のひとつとして画題に取り上げられ、しばしば描かれた。

耕作図屏風をもっと見る

円山応瑞筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 屏風 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索