Farming Scenes

Details

Farming Scenes

Paintings / Edo

By Maruyama Ozui (1766-1829)

Edo period, 19th century

Color on paper

137.3×315.1

6曲1隻

応瑞は江戸時代後半、日本の絵画を革新し京都画壇に大きな位置を占めた円山応挙(まるやまおうきょ)の長男である。父とともに寛政期の内裏(御所)造営の際、障壁画制作に加わっている。農耕作業は、重要な年中行事のひとつとして画題に取り上げられ、しばしば描かれた。

Related Works

Search items related to work chosen