文化遺産オンライン

日蓮上人

にちれんしょうにん

作品概要

日蓮上人

にちれんしょうにん

絵画 / 明治

横山大観筆

明治43年(1910)

絹本着色

181.5×93.6

1幅

安房(あわ)(千葉県)清澄山(きよすみやま)に立ち、「南無妙法蓮華経」とお題目を唱える法華宗(日蓮宗)の開祖日蓮上人を海側から見上げた姿。下村観山(しもむらかんざん)ら日本美術院の画家たちは、しばしばこの題材をとりあげたが、そこに明治大正期における日蓮信仰の状況の一端がみてとれよう。 
(2005/02/08_h18, 2007/06/12_h18)"

日蓮上人をもっと見る

横山大観筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

大観 / 観山 / 横山 / 下村

関連作品

チェックした関連作品の検索