木造日蓮聖人坐像 もくぞうにちれんしょうにんざぞう

木像 / 鎌倉 / 北海道 

日像
北海道
鎌倉時代
高さ49.5㎝、幅53.8㎝
1
法華寺 松前町字松城
松城バス停より徒歩13分、松前町教育委員会 0139-42-3060。
法華寺
北海道指定有形文化財

・日蓮上人坐像は、高さ49.5センチメートル、幅53.8センチメートル、檜材の胡粉(貝がらを焼いて作った白い顔料)彩色仕上げで、右手に笏、左手に経巻を握り、衣、袈裟をまとって座る「説法の姿」です。
・本像は、鎌倉時代の元弘元年(1331)に日蓮の孫弟子の日像が作製し、もともと摂津国(現在の大阪府)正覚寺(享保20年(1735)建立)に安置されていました。明治19年(1886)6月13日に日蓮宗妙光山法華寺に安置されました。
・現在の法華寺は、明治20年に再建されています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

木造日蓮聖人坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造阿弥陀如来立像
不動明王立像
木造地蔵菩薩立像
熊石の山海漁猟供養塔
木造日蓮聖人坐像
木造日蓮聖人坐像

京五条大仏師田村式部卿

ページトップへ