光明寺寛保津波の碑 こうみょうじかんぽうつなみのひ

その他 / 江戸 / 北海道 

北海道
江戸時代
高さ3.79m
1
松前町字建石7 光明寺
函館バス建石バス停から徒歩、松前町教育委員会 0139-42-3060
光明寺
北海道指定有形文化財

・寛保元年(1741)7月16日、日本海上に浮かぶ大島が大噴火し、19日早朝、津波が来襲しました。この津波は、松前弁天島から熊石町までの諸村に大被害をもたらし、溺死するもの1467人、家屋倒壊790戸、破船大小1521艘にのぼりました。
・松前藩の記録『福山秘府』によれば、同年8月18日、光善寺の発願により各寺院の僧が集まり、現在の光明寺境内に卒塔婆を建て施餓鬼供養を行ったとされています。
・この供養塔は、翌年、光善寺が供養のため無縁堂を建立した時、卒塔婆に代え建てられたとされています。
・この碑は、3.79mの高さがあり、正面に「南無阿弥陀仏 為 洪波溺死 諸霊菩提」の文字が、両側面と背面には建立者と忌日(津波の日付)が刻まれています。
・大津波の惨状を今に伝える歴史的資料として貴重なものです。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

光明寺寛保津波の碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

泉龍院寛保津波の碑
無量寺寛保津波の碑
正覚院寛保津波の碑
熊石の山海漁猟供養塔
法華寺寛保津波の碑
ページトップへ