正覚院寛保津波の碑 しょうかくいんかんぽうつなみのひ

その他 / 江戸 / 北海道 

北海道
江戸時代
江差町字本町 正覚院
函館バス中歌町バス停から徒歩15分、江差町教育委員会 0139-52-1059
正覚院
北海道指定有形文化財

・寛保元年(1741)7月19日未明、松前大島が大噴火、続いて江差と熊石間の海岸に大津波が襲い、1,467人もの尊い人命が失われたほか、791戸の家・蔵が流失倒壊するという大惨事となりました。
・これらの犠牲者を供養する寛保津波の碑が、正覚院と法華寺に残されています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

正覚院寛保津波の碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

法華寺寛保津波の碑
泉龍院寛保津波の碑
光明寺寛保津波の碑
無量寺寛保津波の碑
熊石の山海漁猟供養塔
ページトップへ