江差餅つき囃子 えさしもちつきばやし

無形民俗文化財 / 北海道 

北海道
江差町 江差町餅つき囃子保存会
各種行事で行われます。江差町教育委員会 0139-52-1047。
北海道指定無形民俗文化財

・江戸時代から明治の初めにかけて、江差がニシン漁で繁栄を誇っていた時代、年の瀬が近づくと商家の親方衆たちは芸者を呼び、一軒で五俵から十俵の餅をつきました。若い男衆たちが、踊りながら親方衆の家に押しかけて餅をつき回りました。
・縁起のいい唄ではじまる餅つき囃子は、笛や太鼓、三味に鳴物をつけたもので、町内に保存伝承されている郷土芸能の中でも最も陽気なものです。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

江差餅つき囃子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

江差沖揚音頭
江差三下り
五勝手鹿子舞
江差追分
江差姥神町横山家
ページトップへ