松図真形釜 まつずしんなりがま

その他の画像全4枚中4枚表示

金工 / 室町 

芦屋 
室町時代・15世紀
鉄鋳造製
高さ19.6 口径15.5 胴径26.0
1口

筑前国芦屋【あしや】(現福岡県遠賀郡【おんがぐん】)では、古くから鉄や銅などを材料とした仏具や生活用具などの金属器が製作されていた。特に鉄を鋳造した茶釜は名品として知られ、中世では「芦屋釜」が茶釜の一大ブランドとなって、寺院や有力大名の間で珍重された。

作品所在地の地図

関連リンク

松図真形釜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

霰地真形釜欠風炉
古芦屋松梅文真形霰釜
蘆屋楓流水鶏図真形釜
浜松図真形釜
筋釜
ページトップへ