文化遺産オンライン

短刀

たんとう

作品概要

短刀

たんとう

その他 / 室町

勢州村正

室町時代・16世紀

1口

銘文:銘 村忠(正を忠に改竄)

村正は伊勢国桑名の千子(せんご)派の刀工で、室町時代中期頃から数代続いたと推測されている。この短刀は平造(ひらづくり)で、小板目(こいため)の約(つ)んだ地鉄(じがね)に湾(のた)れを基調とした刃文で、茎(なかご)もたなご腹といわれる独特の形状である。江戸時代になって、銘の村正の正を忠になおしている。

短刀をもっと見る

勢州村正をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

刀工 / / / 桑名

関連作品

チェックした関連作品の検索