文化遺産オンライン

白釉蓮葉茶碗

はくゆうれんようちゃわん

作品概要

白釉蓮葉茶碗

はくゆうれんようちゃわん

陶磁 / 江戸

薩摩・竪野系

江戸時代・17世紀後半

陶製

高8.9 口径14.4*11.5 底径5.8

1口

薩摩(さつま)焼のうち、藩直属の竪野(たての)系の窯は藩主島津義弘(しまづよしひろ)の命によって慶長6年(1601)に開かれ、茶入、茶碗などの茶陶を焼きました。この作品は白色の陶胎に透明釉を施した白薩摩の茶碗の代表作で、轆轤挽(ろくろび)きののち型を用いて蓮の葉一枚が包み込む姿に形作られています。

白釉蓮葉茶碗をもっと見る

薩摩・竪野系をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

茶碗 / / Satsuma / ちゃわん

関連作品

チェックした関連作品の検索