文化遺産オンライン

色絵秋草図茶碗

いろえあきくさずちゃわん

作品概要

色絵秋草図茶碗

いろえあきくさずちゃわん

陶磁 / 江戸

薩摩・竪野系

江戸時代・19世紀中頃

陶製

高5.4 口径9.8 底径3.4

1口

白い素地(きじ)に細かな貫入(かんにゅう)が入るいわゆる白薩摩(しろさつま)の茶碗。竪野(たての)系の窯を中心に焼かれた。可憐な草花文の輪郭線は黒の細い線と金彩で描かれており、金彩の量は少ない。この種の色絵茶碗の中では比較的早い段階に位置づけられると考えられる。

色絵秋草図茶碗をもっと見る

薩摩・竪野系をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

茶碗 / 薩摩 / Satsuma / Tateno

関連作品

チェックした関連作品の検索