文化遺産オンライン

紫釉茶碗

しゆうちゃわん

作品概要

紫釉茶碗

しゆうちゃわん

陶磁 / 江戸

薩摩・竪野系

江戸時代・18世紀

高7.3 口径11.5 底径5.5

1口

口は内向し、胴には削りを入れて段を設けています。見込みは深く、天目を意識したような形でたっぷりと掛かる濃い紫色の釉が印象的です。大名茶人松平不昧で知られる出雲松江藩の家督を継いだ松平直亮が寄贈したもので、他にタイプの異なる薩摩茶碗が四つ収められています。

紫釉茶碗をもっと見る

薩摩・竪野系をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

茶碗 / / 高台 / Satsuma

関連作品

チェックした関連作品の検索