Tea Bowl, Snakeskin glaze ("jakatsu")

Details

Tea Bowl, Snakeskin glaze ("jakatsu")

ceramics / Edo

Satsuma Genryū'in ware

Edo period, 18th century

高8.1 口径13.6 底径5.6

1口

蛇蝎釉とは黒釉と白濁釉の二種類の釉薬を重ね掛けする技法をいい、この茶碗では褐釉を掛けたのちに白濁釉を掛け、釉薬の収縮率の差によって表面にうろこ状の亀裂が生じている。薩摩焼の元立院(げんりゅういん)系の窯跡において発見されている。

Related Works

Search items related to work chosen