文化遺産オンライン

色絵粟鶉図茶碗

いろえあわうずらずちゃわん

作品概要

色絵粟鶉図茶碗

いろえあわうずらずちゃわん

陶磁 / 江戸

薩摩・竪野系

江戸時代・19世紀後半

陶製

高7.8 径9.6

1口

素地が白い、いわゆる「白薩摩」(しろさつま)の茶碗です。青みがかった白色で、貫入は浅く、細かい黒点が全体に入っています。胴部には粟(あわ)と鶉(うずら)の図が写生風に丁寧に描かれ、反対面には蝶々が二頭舞っています。赤、緑、黒、紫に加えて金彩が用いられ、小碗のなかに細かな表現が取り入れられています。

色絵粟鶉図茶碗をもっと見る

薩摩・竪野系をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

茶碗 / 薩摩 / Tateno / Satsuma

関連作品

チェックした関連作品の検索