越君瑞五十初度寿詞 えつくんずいごじゅうしょどのじゅし

 / 江戸 

本多猗蘭筆
江戸時代・元文元年(1736)
絹本墨書
1幅

 本多猗蘭は伊勢国神戸の藩主。名を忠統といい、猗蘭と号した。儒学に傾倒し、荻生徂徠に学んだ。越君は同じ徂徠門下の越智雲夢のことで、彼の51歳の誕生日を祝った寿詞である。文中の子遷は、服部南郭のことで、同門の人々の交遊が偲ばれる。(かんべ ただむね いらん そらい)  

作品所在地の地図

関連リンク

越君瑞五十初度寿詞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草書七絶少年行
草書七絶少年行

服部南郭筆

教導立志基 荻生徂徠
荻生徂徠答問書
荻生徂徠答問書

荻生徂徠

四言四句
四言四句

亀井南冥筆

柳蔭野馬図
柳蔭野馬図

黒川亀玉筆

ページトップへ