和歌懐紙 わかかいし

 / 室町 

冷泉為広筆
室町時代・15~16世紀
紙本墨書
1幅

冷泉為広は室町時代後期の貴族。藤原定家の末裔として宮廷歌壇で尊崇を集めた。この懐紙は新年御会での詠題で一首を全て万葉仮名で記す。端作の位署から為広30~37歳の筆と推測。「十八公」は「松」の異称。松と鶴で新春の吉祥を詠じている。

作品所在地の地図

関連リンク

和歌懐紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三首和歌懐紙
永徳百首
元徳二年七夕御会和歌懐紙(二十四通)
慈円筆 懐紙
冷泉為広下向記〈自筆本〉
ページトップへ