冷泉為広下向記〈自筆本〉 れいぜいためひろげこうき じひつぼん

文書・書籍 / 室町 / 近畿 

冷泉為広
京都府
室町
紙本墨書 袋綴装冊子本
5冊
京都府京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町599
重文指定年月日:20150904
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
国宝・重要文化財(美術品)

室町時代後期を代表する歌人である冷泉為広(1450~1526)が、越後、能登、駿河など各地を訪れ、その際に記した自筆の記録である。道中や滞在中の様子や時々の和歌などから、京都と地方の文芸交流の具体的な様相を描いて精彩に富んでおり、室町時代後期の史料として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

冷泉為広下向記〈自筆本〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北野西京神人文書(九十九通)
紀伊国井上本庄絵図
冷泉家文書
明月記〈自筆本/嘉禄三年春〉
峯相記
ページトップへ