朝儀次第書 ちょうぎしだいしょ

 / 鎌倉  南北朝  室町 / 近畿 

鎌倉~室町
3巻、107帖、3幅、4紙、1点
重文指定年月日:19990607
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
国宝・重要文化財(美術品)

 本書は、藤原定家以来の大納言を極官とする羽林家の家柄冷泉家に伝わる、朝廷の儀式次第を書き留めた典籍群である。
 朝廷の儀式に臨むに際し、あらかじめ『西宮記』をはじめとする儀式書や古記録類から朝儀の記事を抜き出し、折本や折紙などに書き写して、次第書を作成したのが本書である。さらに、本件中の式場図面で、束帯人形を用いて予行練習をしていたことが想定される。また、『拝礼小朝拝次第』などの表紙の汚れ状態等から、朝儀で実際に用いられた遺品も多く含まれていることが判明する。
 伝来の典籍文書を収納する土蔵(御文庫)は、寛永五年(一六二八)前後から朝廷と京都所司代の管理のもとに封印され、冷泉家では典籍文書の出納を行えなかった。享保六年(一七二一)に至り、封が解かれて冷泉家の管理にもどされると、冷泉家では直ちに整理と修理が行われた。本書も、享保八年から九年(一七二四)にかけて当主為久により、整理と補修が行われた。修理は、裏打ちをしたものである。折紙のものは、一紙全体を裏打ちしてから横の折目から切り、折本に仕立て直された。完成後、折本装のものは一箱に納められた。
 為久は納められた箱の蓋裏に目録を帖り付けている。目録には藤原定家、為家などの筆者名の判定を記している。本書の中には、冷泉家と対立する二条家関係典籍も含まれている。それは、二条家が室町時代に断絶するとき、冷泉家が二条家所蔵典籍類を引き継いだためである。
 箱に納められたもの以外に、『録事』『参議着陣事』の掛幅や『賭弓記』『仁安東宮御書始御記』の巻子装(もと袋綴装)も指定に含まれている。
 鎌倉時代…

関連リンク

朝儀次第書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

私家集
冷泉家歌書類
冷泉家文書
物語類并注釈書
台記〈保延五年二月二十三日列見記/〉
ページトップへ