文化遺産オンライン

琴棋書画図屏風下絵

きんきしょがずびょうぶしたえ

作品概要

琴棋書画図屏風下絵

きんきしょがずびょうぶしたえ

絵画 / 江戸

東東洋筆

江戸時代・文化年間(1804~1818)

紙本墨画淡彩

額206.7×167.0×13.0

1巻

酒や茶を楽しむ宴席を設け、碁を打ち琴を弾く文人達が描かれている。画中の5本の縦線と「文化十四月七月御入内后宮様御用琴碁書画」の書き入れから、宮家の婚礼調度として製作された6曲1双屏風片隻の下絵であることがわかる。現在、完成作品は所在不明。

琴棋書画図屏風下絵をもっと見る

東東洋筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

棋書 / / 屏風 / 画図

関連作品

チェックした関連作品の検索