文化遺産オンライン

当麻曼荼羅図

たいままんだらず

作品概要

当麻曼荼羅図

たいままんだらず

絵画 / 鎌倉

鎌倉時代・14世紀

絹本着色

121.2x119.5

1幅

浄土教の根本聖典のひとつ『観無量寿経』の構成を絵画化した浄土図。奈良・當麻寺に4メートル四方もある現存最古最大の綴(つづれ)織(おり)の作例があることから、一般に「当麻曼荼羅」と呼ばれる。13世紀以降、浄土宗の活動を機に多くの模本が製作され、縮小版が全国に広がった。

当麻曼荼羅図をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

浄土 / 無量 / 曼荼羅 / 当麻

関連作品

チェックした関連作品の検索