当麻曼荼羅図 タイママンダラズ

絵画 / 鎌倉 

制作地:日本
鎌倉
絹本著色
縦 212.5 cm 横 188.2 cm
1幅

『観無量寿経』(かんむりょうじゅきょう)に基づき、阿弥陀の浄土とその観想の手段を表したいわゆる当麻曼荼羅(たいままんだら)である。類品のうちでは中規模の作品で、当麻寺にある原本からすると、やや縦長の四分の一の大きさになる。そのため宝段が深く、奥行きが増している。色調は暗めだが、近年の修理によって図様全体が明確によみがえった。京都の故堂本四郎氏が夫人の菩提を弔うため当館に寄贈されたもの。

作品所在地の地図

関連リンク

当麻曼荼羅図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

当麻曼荼羅図
当麻曼荼羅図
阿弥陀浄土曼荼羅
当麻曼荼羅図
二河白道図
ページトップへ