古今和歌集切(巻子本) こきんわかしゅうぎれ かんすぼん

 / 平安 

藤原定実筆
平安時代・12世紀
彩箋墨書
1幅

 薄紅地に草花を刷り出した蝋箋+ろうせん+に『古今和歌集』巻第16・哀傷歌を書写した断簡。料紙の雰囲気にあわせてダイナミックに筆を運んでおり、筆者の巧みな書技と美意識が窺われる。「元永本古今和歌集」など一群の古筆遺品と同筆で藤原定実の筆と推定される。

作品所在地の地図

関連リンク

古今和歌集切(巻子本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古今和歌集 巻第四巻首(筋切)
古今和歌集巻十七断簡(通切)
古今和歌集(元永本)
古今和歌集断簡(本阿弥切)
古今和歌集断簡(了佐切)
ページトップへ