文化遺産オンライン

かるた

作品概要

かるた

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1組

 2枚の絵札をあわせ、一組にすることを競うゲーム。主題からして、武家男子の教育という意味合いを含んで考案されたものだろう。百人一首かるたなどがどちらかといえば女子の文学的教養の育成を意図しているのと対照的。  

かるたをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

かるた / いろは / まつばら /

関連作品

チェックした関連作品の検索