文化遺産オンライン

『まつばらいろはかるた』絵札「西方寺 平安朝の 夢やどし」

『まつばらいろはかるた』えふだ「さいほうじ へいあんちょうの ゆめやどし」

作品概要

『まつばらいろはかるた』絵札「西方寺 平安朝の 夢やどし」

『まつばらいろはかるた』えふだ「さいほうじ へいあんちょうの ゆめやどし」

絵画 / その他 / その他の美術 / その他 / 昭和以降 / 大阪府

水田惠津子  (1953-)

みずたえつこ

平成27年/2015

コートボール紙・印刷

縦9.5cm×横7.0cm

1枚

大阪府松原市

未指定

松原市の市制施行60周年を記念して発行された『まつばらいろはかるた』の47枚ある絵札のうち「さ」の札。
室町時代、融通念仏宗の法明上人の念仏勧進道場が機縁となって開創されたと伝えられる寺院が市内には多い。西方寺もその一つで、大阪市平野の融通念仏宗大念仏寺の末寺で、阿弥陀如来像を本尊としている。境内に観音堂があり、梅松院(もと屯倉神社の神宮寺)の本尊であった平安時代の十一面観音が安置されている。

関連作品

チェックした関連作品の検索