文化遺産オンライン

『まつばらいろはかるた』絵札「けんね塚 ながれついたと 童唄」

『まつばらいろはかるた』えふだ「けんねつか ながれついたと わらべうた」

作品概要

『まつばらいろはかるた』絵札「けんね塚 ながれついたと 童唄」

『まつばらいろはかるた』えふだ「けんねつか ながれついたと わらべうた」

絵画 / その他 / その他の美術 / その他 / 昭和以降 / 大阪府

水田惠津子  (1953-)

みずたえつこ

平成27年/2015

コートボール紙・印刷

縦9.5cm×横7.0cm

1枚

大阪府松原市

未指定

松原市の市制施行60周年を記念して発行された『まつばらいろはかるた』の47枚ある絵札のうち「け」の札。
けんね塚(きつね塚)は、きつね山とも呼ばれ、天美西の西除川の北側にあった前方後円墳と考えられるが、現在は残っていない。伝説によると大昔、大洪水で西大塚から流れついた塚であるという。ぶくぶく土で付近の土質とぜんぜん違い、野狐が住んでいたのでこの名がある。

関連作品

チェックした関連作品の検索