赤頭 あかがしら 

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1頭

「飛出」「癋見」(べしみ)「顰」(しかみ)といった鬼神系の面を着用する際につける、鬘(かつら)の一種。また、「黒髭」(くろひげ)面と称する特殊面に赤頭をつけて『和布刈』(めかり)や『春日龍神』の龍神役にも用いられる。ヤクというウシ科の哺乳類の長い毛を染めて鬘の毛としている。

作品所在地の地図

関連リンク

赤頭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鬘帯 紅地撫子模様
髪帯 胴箔地鱗模様
能面 黒髭
能面 黒髭

「徳若作」銘

能面 小癋見
能面 小癋見

「福来作」銘

陣羽織 黒毛「五」文字模様
ページトップへ