文化遺産オンライン

南京赤絵周茂叔愛蓮図火入

なんきんあかえしゅうもしゅくあんれんずひいれ

作品概要

南京赤絵周茂叔愛蓮図火入

なんきんあかえしゅうもしゅくあんれんずひいれ

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

明時代・17世紀

高9.0 口径10.4 底径8.1

1口

周茂叔(1017~73)は北宋時代の儒学者で、名を敦頣といい、蓮を愛した故事は画題として好まれた。内面には釉薬がなく、当初から香炉あるいは火入として作られたものと思われる。描線に鋭さがあり、清楚な作風を示している。(130820_h04)

南京赤絵周茂叔愛蓮図火入をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 鎮窯 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索