南京赤絵周茂叔愛蓮図火入 なんきんあかえしゅうもしゅくあんれんずひいれ

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 /  

中国・景徳鎮窯
明時代・17世紀
高9.0 口径10.4 底径8.1
1口

周茂叔(1017~73)は北宋時代の儒学者で、名を敦頣といい、蓮を愛した故事は画題として好まれた。内面には釉薬がなく、当初から香炉あるいは火入として作られたものと思われる。描線に鋭さがあり、清楚な作風を示している。(130820_h04)

作品所在地の地図

関連リンク

南京赤絵周茂叔愛蓮図火入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

周茂叔愛蓮図
周茂叔愛蓮図

狩野正信筆

周茂叔愛蓮図
周茂叔愛蓮図

曾我蕭白

周茂叔愛蓮図    
周茂叔愛蓮図    

伝小栗宗湛

南京赤絵蓮鷺文手桶形茶器
南京赤絵蓮鷺文手桶形茶器

中国・景徳鎮窯

青花花卉文方瓶
青花花卉文方瓶

中国・景徳鎮窯

ページトップへ