文化遺産オンライン

清明上河図巻

せいめいじょうかずかん

作品概要

清明上河図巻

せいめいじょうかずかん

絵画 / / 中国

張択端款

制作地:中国

明時代・17世紀

絹本着色

27.8×551.5

1巻

銘文:翰林画院張択端製 ; 宣和 ; 内府図書 ; 清明上河

北宋時代の張択端@ちょうたくたん@の名画をもとに、芸術品市場が盛況を極めた明代の蘇州@そしゅう@の書画工房で作られ、有名文人の跋も偽造で付けられた作品です。人々の風俗は明代当時に近く、都市での暮らしが生き生きと伝わります。江戸時代の文人、伊藤東涯@いとうとうがい@(1670~1736)の跋により、日本流入の時期もわかる重要な作品です。

清明上河図巻をもっと見る

張択端款をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

文人 / / / Ming

関連作品

チェックした関連作品の検索