許由巣父図屏風 きょゆうそうほずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 江戸 

久隅守景筆
江戸時代・17世紀
紙本墨画淡彩
153.3×168.8
2曲1隻

許由は、聖帝(せいてい)尭(ぎょう)の天下を譲るという申し出を聞き耳が穢(けが)れたと水で耳を洗い、巣父は、その穢れた水を牛に飲ませず、牛を牽(ひ)いて帰ったという。高い位を嫌う理想の高士のたとえ。守景は、江戸初期の画家で、徳川将軍家の御用絵師、狩野探幽門下四天王の1人。

作品所在地の地図

関連リンク

許由巣父図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

許由巣父図
許由巣父図

「輞隠」印

許由巣父図
許由巣父図

曾我蕭白

許由巣父図屏風
納涼図屏風
納涼図屏風

久隅守景筆

山水図
山水図

久隅守景筆

ページトップへ