文化遺産オンライン

九老図軸

きゅうろうずじく

作品概要

九老図軸

きゅうろうずじく

絵画 / / 中国

任頤筆

制作地:中国

清時代・光緒9年(1883)

紙本着色

(本紙)250.7×122.0

1幅

任頤@じんい@(字伯年)は紹興(浙江省)の人で、叔父の任熊(1823~57)らとともに上海で活躍した「海上派@かいじょうは@」を代表する画家です。九老とは白居易@はっきょい@(772~846)が香山@こうざん@で雅会を開いた故事。明末の画家・陳洪綬@ちんこうじゅ@(1598~1652)を学んだ洒脱な人物、明るく心地よい色彩に任頤の特徴がよく表れています。徐悲鴻@じょひこう@(1895~1953の旧蔵品。

九老図軸をもっと見る

任頤筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

China / / Qing / 中国

関連作品

チェックした関連作品の検索