維摩像 ゆいまぞう

絵画 / 南北朝 

南北朝時代・14世紀
絹本着色
57.3x32.5
1幅

在家信者の理想像とされた維摩が活躍する『維摩経』を講義、讃嘆し、供養する維摩会の本尊画像です。画面左下の束帯姿の人物は、藤原鎌足が山科寺で行ったものが初めとなることに因んで鎌足を描いたものとみられます。箱蓋の墨書によれば寸松庵の維摩会の本尊と伝えられています。

作品所在地の地図

関連リンク

維摩像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

維摩居士像
藤原鎌足像
虚空蔵菩薩像
玄奘三蔵像
束帯天神像
束帯天神像

伝藤原信実

ページトップへ