織田信長像 おだのぶながぞう

日本画 / 安土・桃山 / 日本 

古溪宗陳賛
こけいそうちんさん
天正11年(1583)賛
絹本著色
73.3×36.8cm
1幅
落款・印章:なし
賛:古溪宗陳「捴見院殿贈大相國一品㤗巖大居士肖像/厳冷吹霜面目真/金枝永茂萬年春/心髙出日月之上/天地何容箇一人/咦/天正十一年歳矣癸未仲夏上浣日/前住大徳現住捴見古溪老拙賛」「古溪」(朱文壺印)
重要文化財

束帯姿で上畳に座する織田信長。右手に笏を持ち、左脇に腰刀を佩く。上部に記された大徳寺総見院初代住持・古溪宗陳(1532-97)の賛から、天正11年(1583)信長一周忌のために制作されたことが判明します。面長で大きな眼、立派な髭、端正な顔貌は在りし日の信長の姿を今に伝えるとともに、束帯姿は信長の神格化を示すものです。平成26-27年度に行われた解体修理で画面の汚れが除去されたことで、束帯に施されていた木瓜紋(織田家の家紋)が明瞭になりました。信長が安土城内に建てた摠見寺伝来品。

【名品2019】【南蛮美術】

作品所在地の地図

関連リンク

織田信長像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

織田信長朱印状
絵本拾遺信長記
龍虎図
龍虎図

陳容筆 伝牧谿筆

織田信長書状
織田信長自筆書状〈十月二日/長岡与一郎宛〉
ページトップへ