出山釈迦図 しゅっさんしゃかず

絵画 / 南北朝 

14世紀 南北朝時代
絹本墨画
縦80.4 横35.2
1幅

苦行を終えた釈迦が、修行の場所である山を出る姿を表わす。この主題は成道会の本尊として流布したが、鎌倉・南北朝時代にさかのぼる現存作例は少なく、本図は貴重な初期水墨画の一つに数えられる。僧侶の顔貌など、抑制の効いた的確な描写が見所である。

作品所在地の地図

関連リンク

出山釈迦図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釈迦如来立像(出山釈迦立像)
白衣観音図
出山釈迦図軸
出山釈迦図軸

梁楷筆

釈迦三尊図
地蔵菩薩霊験記絵巻
ページトップへ