文化遺産オンライン

十一面観音菩薩立像

じゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう

作品概要

十一面観音菩薩立像

じゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう

彫刻 / 平安

平安時代・9世紀

木造

像高110.2

1躯

体幹部を一材より彫出する一木造+いちぼくづくり+の像で、起伏に富む肉づきや背を反らせた姿勢、衣の襞+ひだ+を鋭く刻むところに、平安時代初期の特色がみられます。両腕は後に補われ、面部にも彫り直しがみられますが、同様に補われた頭飾や天衣を修理によって取り外すことで、面目を一新しました。

十一面観音菩薩立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 平安 /

関連作品

チェックした関連作品の検索