文化遺産オンライン

金光明経 巻第四残巻(目無経)

こんこうみょうきょうざんかん めなしぎょう

作品概要

金光明経 巻第四残巻(目無経)

こんこうみょうきょうざんかん めなしぎょう

/ 鎌倉

鎌倉時代・12世紀

紙本墨書

1巻

重要文化財

後白河法皇(ごしらかわほうおう)を中心に進行していた物語絵巻の制作が、建久(けんきゅう)3年(1192)3月の法皇崩御(ほうぎょ)によって中止され、法皇の供養のために、未完成の料紙を転用して書写された写経です。下絵の題材は不明ですが、多くの人物の目鼻が描かれていないことから、目無経と呼ばれています。

金光明経 巻第四残巻(目無経)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 写経 / 法皇

関連作品

チェックした関連作品の検索