二十八間四方白星兜鉢 にじゅうはちけんしほうじろのほしかぶとばち

その他の画像全3枚中3枚表示

その他 / 鎌倉 / 宮崎県 

出土地:宮崎県児湯郡西米良村出土
鎌倉時代・13世紀
1頭

 昭和2年1月、共同開墾中に発掘された兜鉢で、出土地付近には、昭和初年まで祠(ほこら)が祀られていた。前後左右に飾りの金銅【こんどう】の地板(じいた)を配した四方白【しほうじろ】の星兜鉢で、鍍金(ときん)の星には刻座(きざみざ)を入れ、前後の地板の下端を花先形(はなさきがた)で猪目透(いのめすかし)とするなど入念な製作を示している。(20050621_h05)(120508_130416_140325_h056)

作品所在地の地図

関連リンク

二十八間四方白星兜鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二十四間四方白星兜鉢
緋威五十二間四方白星兜
三十二間二方白星兜鉢
模造 十二間星兜鉢
模造 十二間星兜鉢

遠藤淳二作

蒙古鉢形眉庇付胄(奈良県五条猫塚古墳出土)
ページトップへ