二十四間四方白星兜鉢 にじゅうよんけんよほうしろほしかぶとばち

工芸 / 鎌倉 / 関東 

神奈川県
鎌倉
地板鉄二十四枚張、星十六行、地星一行八点、八幡座と腰巻に鍍金星小刻付一点宛て、ただし真向かいの左右一行は腰巻に星なく、他の賛仰は地星一点を打つ。四方に鍍金地板を貼り、小…
鉢深9.7 径前後21.0 左右19.6 (㎝)
1頭
神奈川県立歴史博物館 横浜市中区南仲通5-60
重文指定年月日:19570219
国宝指定年月日:
登録年月日:
神奈川県
国宝・重要文化財(美術品)

鉢の形は大圓山形で、前後と左右の径にほとんど差がなく、地板の数と星数も少ない。頂辺孔は大きく、鎬垂の古雅な点などから鎌倉時代中期を下らない作と推定される。四方白の鎬垂を総花先につくり、その下に鍍金星を打った手法は兜の荘厳として結構をつくしたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

二十四間四方白星兜鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三十二間二方白星兜鉢
二十八間四方白星兜鉢
緋威五十二間四方白星兜
二十八間四方白星兜鉢
鉄地二百間筋兜
ページトップへ