文化遺産オンライン

三彩貼花龍耳瓶

さんさいちょうかりゅうじへい

作品概要

三彩貼花龍耳瓶

さんさいちょうかりゅうじへい

陶磁 / / 中国

制作地:中国

唐時代・8世紀

陶製

高47.4 口径11.4 底径10.0

1口

重要文化財

古代ギリシャに起源を持つ、左右に把手のつく器(アンフォラ)に似た形の三彩瓶です。把手は龍の姿で、胴の三方には型抜きでつくられた宝相華文の大ぶりなメダイオンが貼りつけられており、流れて入り混じる釉の効果と相まって華麗な趣を生み出しています。

三彩貼花龍耳瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

三彩 / / / 把手

関連作品

チェックした関連作品の検索