文化遺産オンライン

突線鈕4式銅鐸

とっせんちゅうよんしきどうたく

作品概要

突線鈕4式銅鐸

とっせんちゅうよんしきどうたく

考古資料 / 弥生 / 静岡県

出土地:静岡県浜松市北区三ヶ日町釣(分寸)出土

弥生時代(後期)・1~3世紀

総高96.7 鐸身67.7 裾長径39.5 裾短径33.5 重量15420

1個

中に舌を吊るして鳴らす鈴が、大型化したもの。弥生時代後期には、吊り下げられないほど大型化し、鳴り物の機能を失う。農耕祭祀に用いられたと考えられているが、人里離れた場所に埋められることが多く、その使われ方や意味については、まだ謎が多い。

突線鈕4式銅鐸をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

銅鐸 / Yayoi / 弥生 / 鐸身

関連作品

チェックした関連作品の検索