Dotaku (Bell-shaped bronze) Crossed bands design

Details

Dotaku (Bell-shaped bronze) Crossed bands design

Archaeology / Yayoi / Wakayama

Place excavated:Excavated from Nishihonjo, Minabe-cho, Wakayama

Yayoi period, 1st-3rd century

Bronze

総高112.2 鐸身79.0 裾径35.3×29.1

1個

弥生時代後期になると、銅鐸は大形化して重量を増すものの鈕+ちゅう+が薄くなり、吊り下げて鳴らす鐘+かね+としての機能を失う。一方で鈕や鰭+ひれ+には飾耳がつき、身を区画する帯の輪郭線が太くなることで装飾性を増す。祭器である銅鐸は弥生時代の人びとの繊細な美意識をも伝えている。

Related Works

Search items related to work chosen