袈裟襷文銅鐸 けさだすきもんどうたく

その他の画像全4枚中4枚表示

考古資料 / 弥生 / 滋賀県 

出土地:滋賀県野洲市小篠原字大岩山出土
弥生時代(後期)・1~3世紀
総高74.1 鐸身51.2 裾径29.7×26.1 重量14310g
1個
重要文化財

近畿式銅鐸とも呼ばれるように近畿地方を中心に分布する、新しい段階の銅鐸です。吊り手の頂と左右に飾耳が付き、身を区画する帯の輪郭線を太くする特徴があります。大型化して鳴り物として機能を失うも、装飾性が増し儀器的な性格が視覚的に高められています。

作品所在地の地図

関連リンク

袈裟襷文銅鐸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

突線紐4式銅鐸
袈裟襷文銅鐸
突線鈕5式銅鐸
突線鈕4式銅鐸
袈裟襷文銅鐸
ページトップへ