突線鈕5式銅鐸 とっせんちゅう しきどうたく

その他の画像全5枚中5枚表示

考古資料 / 弥生 / 滋賀県 

出土地:滋賀県野洲市小篠原字大岩山出土
弥生時代(後期)・1~3世紀
総高134.7 鐸身95.3 裾長径49 裾短径43.9 重量45470
1個
重要文化財

本例は高さが134.7㎝、重さが45.47㎏と、現存する日本の銅鐸としては最大です。近畿を中心に分布する大型で優美な銅鐸は近畿式銅鐸とも呼ばれ、銅鐸としては一番新しい段階(突線鈕式)のものです。これらは古墳出現前夜には地中に埋納され、祭器としての役割を終えました。

作品所在地の地図

関連リンク

突線鈕5式銅鐸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

袈裟襷文銅鐸
突線鈕4式銅鐸
袈裟襷文銅鐸
突線鈕4式銅鐸
袈裟襷文銅鐸
ページトップへ