文化遺産オンライン

袈裟襷文銅鐸

けさだすきもんどうたく

概要

袈裟襷文銅鐸

けさだすきもんどうたく

考古資料 / 弥生 / 和歌山県

出土地:和歌山県日高町荊木字向山出土

弥生時代(後期)・1~3世紀

青銅製

総高88.6 鐸身61.1 裾径32.2×26.5 重量11,388g

1個

身を飾る文様が僧侶の羽織る袈裟+けさ+に似るところから袈裟襷文銅鐸と呼ばれている。銅鐸は弥生時代を代表する祭器で、本例はその変遷過程の最も新しい段階(突線鈕+とっせんちゅう+式)に位置づけられるもの。均整のとれた形と繊細な文様は、当時の優れた鋳造技術を反映している。

袈裟襷文銅鐸をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

銅鐸 / Yayoi / 鐸身 / 弥生

関連作品

チェックした関連作品の検索