[Dotaku] (Bell-shaped bronze) Kinki-region style

Details

[Dotaku] (Bell-shaped bronze) Kinki-region style

Archaeology / Yayoi / Wakayama

Place excavated:Excavated from Mukaiyama, Ibaraki, Hidaka-cho, Wakayama

Yayoi period, 1st-3rd century

青銅製

総高88.6 鐸身61.1 裾径32.2×26.5 重量11,388g

1個

身を飾る文様が僧侶の羽織る袈裟+けさ+に似るところから袈裟襷文銅鐸と呼ばれている。銅鐸は弥生時代を代表する祭器で、本例はその変遷過程の最も新しい段階(突線鈕+とっせんちゅう+式)に位置づけられるもの。均整のとれた形と繊細な文様は、当時の優れた鋳造技術を反映している。

Related Works

Search items related to work chosen