文化遺産オンライン

ドギン 浅葱平絹地几帳檜扇藤鉄線花模様 友禅染

どぎん  あさぎひらぎぬじきちょうひおうぎふじてっせんかもよう ゆうぜんぞめ

作品概要

ドギン 浅葱平絹地几帳檜扇藤鉄線花模様 友禅染

どぎん  あさぎひらぎぬじきちょうひおうぎふじてっせんかもよう ゆうぜんぞめ

奄美大島

第二尚氏時代・19世紀

絹製 丈75.7cm 裄68.8cm

1領

ドギンは琉球の祭事にノロ(神女)が着用する上衣のことである。通常、ドギンの下に「カカン」と呼ばれるスカート状の裳(も)(裙(くん))を着用する。このドギンは、日本の友禅染のキモノを仕立てかえている。

ドギン 浅葱平絹地几帳檜扇藤鉄線花模様 友禅染をもっと見る

奄美大島をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Ryukyu / 紅型 / 模様 /

関連作品

チェックした関連作品の検索