文化遺産オンライン

紅型スディナ 藍木綿地菊紅葉雲模様

びんがたすでぃな あいもめんじきくもみじくももよう

作品概要

紅型スディナ 藍木綿地菊紅葉雲模様

びんがたすでぃな あいもめんじきくもみじくももよう

八重山諸島

第二尚氏時代・19世紀

木綿製

1領

スディナとは、筒袖で両腋(りょうわき)に三角の襠(まち)がついた上衣で、下にカカンと呼ばれる細かい襞(ひだ)のついた巻きスカート状の裳(も)をつける。木綿地に紅型(びんがた)で模様を表わすが、菊や紅葉などといった和様のデザインで、日本(本土)の影響がうかがえる。

紅型スディナ 藍木綿地菊紅葉雲模様をもっと見る

八重山諸島をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

紅型 / 模様 / Ryukyu / Bingata

関連作品

チェックした関連作品の検索