紅型衣装 黄木綿地菊牡丹雲尾長鳥模様 びんがたいしょう きもめんじきくぼたんくもおながどりもよう

染織 

沖縄本島
第二尚氏時代・19世紀
木綿製 丈129.0cm 裄58.0cm
丈129.0 裄58.0
1領

幅広の筒袖で、両脇に三角の襠(まち)がついた琉球衣装。尾長鳥(おながどり)に牡丹(ぼたん)唐草模様を紅型(びんがた)と呼ばれる大鎖模様の型染で表す。尾長鳥は王族の模様である。赤色の雲模様の内部には、糸絞(しぼ)りを思わせる模様が紅型で染められ、日本(本土)の模様の影響がうかがえる。

作品所在地の地図

関連リンク

紅型衣装 黄木綿地菊牡丹雲尾長鳥模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紅型スディナ 藍木綿地菊紅葉雲模様
紅型衣装 白木綿地流水草花貝模様
藍型衣装 浅葱麻地牡丹鳳凰模様
紅型衣装 浅葱地流水紅葉若松雲模様
紅型衣装 薄藍色地水菊芦雁模様
ページトップへ