文化遺産オンライン

紅型衣装 薄藍色地水菊芦雁模様

びんがたいしょう うすあいいろじみずにきくあしかりもよう

作品概要

紅型衣装 薄藍色地水菊芦雁模様

びんがたいしょう うすあいいろじみずにきくあしかりもよう

染織

沖縄本島

第二尚氏時代・19世紀

苧麻製

丈135.7 裄66.7

1領

紅型(びんがた)とは、南国の日差しに映える色彩豊かな琉球の型染めのことです。もとは「カタティキ(形付)」と呼ばれ、王族など身分の高い人物にのみ着用を許されました。流水・枝垂桜(しだれざくら)・芦(あし)に雁(かり)といった和様の模様や暈(ぼか)し染の技法は、日本の友禅染の影響でしょうか。

紅型衣装 薄藍色地水菊芦雁模様をもっと見る

沖縄本島をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

紅型 / 模様 / Bingata / Ryukyu

関連作品

チェックした関連作品の検索